経営理念

100年後も工業用水道を持続的に支える「大阪工水モデル」を構築します。

私たちは、安定した水質、豊富な水量、低廉な料金を継続的に提供する事業モデル「大阪工水モデル」を確立し、
全国の工業用水道事業に発信します。

当社が目指す
「大阪工水モデル」とは

  • サスティナブルな収益基盤

    利用者志向の料金プラン・新規開始支援制度の提供と、特定事業とシナジーを生む任意事業を展開。

  • サスティナブルな費用構造

    戦略的アセットマネジメントと民間
    企業のノウハウを活用した効率的な
    業務進行。

  • サスティナブルな運営体制

    ICTを活用した業務・知識・ノウハウの形式知化とコンパクトな運営体制。

これら3つの戦略を追求し、最適化することで
100年先も工業用水道を持続的に支える「大阪工水モデル」を確立し、全国に発信します。

事業戦略

ご挨拶

大阪工水モデルが全国の工業用水道事業の課題解決に導く澪標になることを目指します

みおつくし工業用水コンセッション株式会社代表取締役社長の後藤充志と申します。
写真の中で私が立っているところは、淀川にかかる長柄橋といいます。
長柄橋の架設は昔、大変な難工事であったといわれ、何度も流されたそうです。
現在、その橋桁の下に工業用水道の配水管が敷かれ、重要なインフラとして安定的に工業用水を供給しています。
困難を乗り越え可能にしてきた先人にならって、私たちも様々なことに挑戦しながら、100年後も工業用水道を持続的に支える大阪工水モデルを確立してまいります。

全国の工業用水道事業体さまも、大阪市工業用水道と同じく持続可能な経営を目指しているものと存じます。
最終的には大阪工水モデルが全国の工業用水道事業の課題解決に導く澪標(みおつくし)となれることを目指し、弊社名を付けました。
工業用水道のご利用のみなさまの満足度を向上し、それが大阪工水モデルの確立にもつながるよう、全社員一丸となって取り組んでまいります。
これからも「みおつくし工業用水コンセッション」をどうぞよろしくお願いいたします。

代表取締役社長後藤 充志

会社概要

社名 みおつくし工業用水コンセッション株式会社
設立 2021年8月26日
本社所在地 〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC ITM棟 3階
TEL:06-6115-6744
代表取締役 後藤 充志
資本金 100百万円
株主 前田建設工業株式会社(筆頭株主)
日本工営株式会社
西日本電信電話株式会社
東芝インフラシステムズ株式会社